Top >  アンチエイジングに効果の高い栄養素 >  コンドロイチンの多い食べ物でアンチエイジング

スポンサードリンク

コンドロイチンの多い食べ物でアンチエイジング

コンドロイチンは体や皮膚の水分バランスを整えて、肌の弾力とハリを保つ働きをしています。25歳からだんだん減少していく成分なので、意識して摂取しましょう。

コンドロイチンは、成長期には体内でも生成・合成されているのですが、食べ物から摂取した栄養素を有効にする力は、コラーゲンと同じように25歳を境にコンドロイチンも不足して老化が始まります。

コンドロイチンを多く含む食べ物は、ずばりネバネバした食べ物です。たとえば牛、豚、鶏の軟骨、鶏の皮、ナマコ、ウナギ、ハモ、ドジョウ、フカヒレ、スッポン、ツバメの巣、納豆、山芋、オクラ、なめこ、根コンブ、魚の皮や小魚、魚の煮こごり、えびの穀、豚足、鯛や鮪の目玉、魚の煮こごり、若鶏のスープ、などです。

中には昔から健康に良いと言われる食べ物もありますね。こういった食べ物はできるだけぬるぬるした部分を洗い落とさないでそのまま食べるようにして、最大限の効果を得るようにしましょう。




スポンサードリンク

 <  前の記事 コンドロイチンの保湿力でアンチエイジング  |  トップページ  |  次の記事 血流改善でアンチエインジングを  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://masami.80code.com/mt/mt-tb.cgi/4629

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「アンチエイジングの知りたいこと…」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。