Top >  アンチエイジングに効果の高い栄養素 >  コンドロイチンの保湿力でアンチエイジング

スポンサードリンク

コンドロイチンの保湿力でアンチエイジング

コンドロイチンは関節の潤滑油、関節の健康のために有効と言われています。関節痛や老化防止などに有効といわれ、注目を浴びているコンドロイチン(正式名称はコンドロイチン硫酸)。コンドロイチンとはギリシャ語で「軟骨のもと」という意味で、加熱するとゲル化するムコ多糖類の一種でねばねばしていルことが特徴です。

コンドロイチンは軟骨の約30%にもなり、軟骨の機能維持にも重要な成分です。
関節や軟骨、骨、角膜、血管壁、皮膚脊髄の軟骨を包む「滑液」にも多く含まれ、約60兆個もあるといわれる細胞を繋げる役割もしています。

軟骨の構成成分の硫酸グルコサミンと一緒に摂取すると相乗効果を発揮し、老化に伴う関節炎の緩和に効果があります。

ヒアルロン酸と同様にコンドロイチンの保水性もアンチエイジングには欠かせない働きのひとつです。水分の減少が老化の一歩とも言われています。赤ちゃんの代表されるみずみずしい肌と身体は若々しさの象徴ですね。




スポンサードリンク

 <  前の記事 ピクノジェノールのアンチエイジング  |  トップページ  |  次の記事 コンドロイチンの多い食べ物でアンチエイジング  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://masami.80code.com/mt/mt-tb.cgi/4628

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「アンチエイジングの知りたいこと…」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。