Top >  アンチエイジングに効果の高い栄養素 >  アスタキサンチンでアンチエイジング

スポンサードリンク

アスタキサンチンでアンチエイジング

アンチエイジングの要といえる抗酸化作用が非常に高いアスタキサンチンはカロチノイド系の天然色素で真赤な色をしています。自然界ではサケやエビなどの赤い色を作る色素です。

アスタキサンチンは鮭などのえさであるプランクトン、藻、エビ、かにの幼生などに多く含まれています。これらを食べることでアスタキサンチンはサケ、イクラ、タイ、キンキ、オキアミ、エビ、カニなどの魚介類の体に蓄えられます。エビ、カニなどのアスタキサンチンはタンパク質と結合して青緑色で存在していますが、加熱や酸処理を行うことでタンパク質から分離して赤色になります。

イクラや筋子の赤色もアスタキサンチンが原料になっています。

アスタキサンチンは特に目の健康、美肌作り、抗ストレス、動脈硬化や糖尿病予防も期待される栄養素です。美肌作りにはもちろん、身体や精神の健康にも役立つといわれています。




スポンサードリンク

 <  前の記事 アンチエイジング美肌効果のエラスチン  |  トップページ  |  次の記事 タウリンでアンチエイジング  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://masami.80code.com/mt/mt-tb.cgi/4621

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「アンチエイジングの知りたいこと…」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。