Top >  アンチエイジングに効果の高い栄養素 >  ビタミンHはビオチン

スポンサードリンク

ビタミンHはビオチン

アレルギー性炎症の原因にビタミンH(ビオチン)の不足が関係しているということです。肌の炎症を抑える薬としても使用されていますが、ビタミンHは肌を綺麗にする効果もあるといわれているビタミンです。卵、くるみ、カリフラワーに多く含まれています。

ビタミンH(ビオチン)の1日の必要量は30μg、卵なら2個分、くるみは100g、カリフラワーは半分に相当します。

ビタミンHは体内で増やすこともできるビタミンです。そのため、大腸の働きを活発にして、腸内善玉菌を増やすために発酵食品の味噌、ぬか漬け、お酢、納豆なども食べましょう。

体内で増やせるビタミンは他にはビタミンDがあります。皮膚に日光があたることで育成されますが、ビタミンHは腸内環境を良くすることで育成されるのですね。便秘などは廊下を促進させる上に腸内環境を最悪にするため、便秘にならないうように気をつけたいですね。




スポンサードリンク

 <  前の記事 運動のアンチエイジング効果  |  トップページ  |  次の記事 抗酸化物質のアンチエイジング効果  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://masami.80code.com/mt/mt-tb.cgi/4583

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「アンチエイジングの知りたいこと…」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。