Top >  アンチエイジングに効果の高い栄養素 >  アセチル)L-システインの抗酸化力とアンチエイジング

スポンサードリンク

アセチル)L-システインの抗酸化力とアンチエイジング

アセチルL-システインはL-システインよりも吸収されやすい成分で、肌や髪、爪の形成に関わるアミノ酸の一種です。L-システインはコラーゲン、肌の弾力、肌のキメと深い関係がある栄養素です。

L-システインは紫外線や活性酸素などの害を減らし、アンチエイジングに欠かせない成分です。しみやそばかすを濃くするメラニン色素に関わるチロシナーゼに働くことでメラニンが発生することを予防し、しみの改善や美白効果があります。L-システインは医薬品の有効成分として皮膚の治療薬として用いられています。

L-システインには、メラニン色素を調節する機能や新陳代謝を促進する働きが美容効果として注目を集めています。しみ、そばかすを予防したり改善したりします。またL-システインの抗酸化力で新陳代謝を促進させるため、肌のターンオーバーを正常にし、美肌にする働きがあります。美白と美肌に欠かせない成分といえるL-システインはアンチエイジング効果も期待できる成分なのです。




スポンサードリンク

 <  前の記事 アンチオキシダント(抗酸化)とアンチエイジング  |  トップページ  |  次の記事 にきびに良いサプリメントとは?  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://masami.80code.com/mt/mt-tb.cgi/4593

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「アンチエイジングの知りたいこと…」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。