Top >  アンチエイジング効果 >  抗酸化物質のアンチエイジング効果

スポンサードリンク

抗酸化物質のアンチエイジング効果

ビタミンC、E、ポリフェノール、コエンザイムQ10はアンチオキシダント(抗酸化物質)と呼ばれますが、摂取することで、肌のアンチオキシダントも増えるといわれています。

肌に直接塗ることも効果があるということで、保湿クリームにビタミンが配合されているものは理にかなっているわけですね。

ビタミンCは他の動物は自分の体で作れるのに、人間は作れない栄養素なので、毎日十分に摂取する必要があるのです。

ビタミンCはストレスや喫煙などでどんどん浪費されるため、十分な量を1日の間に摂るようにして、肌にもいきわたらせましょう。

ビタミンCの豊富なかんきつ類などは食べたあとは紫外線の影響をうけやすく、しみになりやすいので外出前には気をつけましょう。どちらかというとじゃが芋などのビタミンCは熱に壊されにくいので、ビネガーとオリーブオイル少々で作るポテトサラダなどお勧めです。




スポンサードリンク

 <  前の記事 ビタミンHはビオチン  |  トップページ  |  次の記事 フリーラジカルとアンチエイジング  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://masami.80code.com/mt/mt-tb.cgi/4584

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「アンチエイジングの知りたいこと…」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。