Top >  アンチエイジング効果 >  トランス脂肪酸の害とアンチエイジング

スポンサードリンク

トランス脂肪酸の害とアンチエイジング

過酸化脂肪酸(トランス脂肪酸)は病気や老化の原因である活性酸素のヒドロキシラジカルを増加させ、DNAを損傷させガンの原因となります。

トランス脂肪酸はアメリカでは心臓病を引き起こすとして今でもファストフード店が訴訟の対象になって話題になっています。植物油を使った揚げ物を食べるさいには、抗酸化力のあるビタミンC、ビタミンE、ベータカロチン(ビタインA)、味噌や納豆などの醗酵大豆を一緒に食べて防衛しましょう。

植物油製のマーガリンはトランス脂肪酸なので心臓冠動脈疾患やガンの原因ともなり、海外では使用が制限されたり、パッケージに注意書きの義務があるほど注意を喚起されている成分です。日本では摂取が少ないからという理由で勧告さえされていませんが、正しい情報を調べて自分で気をつけるしかないですね。

オメガ3脂肪酸は脳の働きを高めて、体内の脂肪の代謝の働きを助ける健康によい成分なのですが、過剰摂取には気をつける必要があります。

サプリメントを購入する場合は汚染の心配があるため、信頼の置けるメーカーのものを選ぶようにし、フラックスシードオイルもできればオーガニックで、開栓したら冷蔵庫保存で、熱を通さずにそのまま摂取しましょう。買うときには6週間以内に使いきれる量にします。




スポンサードリンク

 <  前の記事 オメガ脂肪酸  |  トップページ  |  次の記事 セレ二ウムで美肌とアンチエインジング効果を  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://masami.80code.com/mt/mt-tb.cgi/4616

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「アンチエイジングの知りたいこと…」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。