Top >  アンチエイジング効果 >  抗酸化成分のカイネチン

スポンサードリンク

抗酸化成分のカイネチン

カイネチンはキネチンとも呼ばれる抗酸化成分です。広葉樹の中に含まれる成長ホルモンの一種ですが、この植物細胞の老化を抑制する働きは人にも同滋養に働きます。カイネチンには皮膚の老化防止、活性酸素から守る働きなど優れたアンチエイジング効果があります。

カイネチンは皮膚の線維芽細胞に働いて、皮膚のしわやしみなどの改善に効果を発揮するアンチエイジングのスキンケアの抗酸化成分です。

カイネチンが配合された化粧品はこうかが高いだけでなく副作用がないことも人気のまとです。カイネチン配合の美容クリームは海外でも随分前から発売され人気を得ています。日本でもカイネチンは大変効果のあるアンチエイジング成分として注目され始めています。

また、カイネチンはシワに効果的といわれているトレチノイン酸(ビタミンA誘導体)と同等の効果がある上に、皮膚の皮がむけたり、赤くなったりする副作用の心配がないことも特徴です。カインチンはスキンケアの抗酸化成分、肌の老化防止成分としてアンチエイジングの効果的な成分といえます。




スポンサードリンク

 <  前の記事 アンチエイジングのOPCポリフェノール  |  トップページ  |  次の記事 アンチエインジング効果のコエンザイムQ10  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://masami.80code.com/mt/mt-tb.cgi/4613

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「アンチエイジングの知りたいこと…」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。