Top >  アンチエイジング効果 >  フコイダンとアンチエイジング

スポンサードリンク

フコイダンとアンチエイジング

フコイダンは海草どくとくのぬるぬるした成分ですが、コレステロール上昇抑制作用、血糖上昇抑制作用、中性脂肪抑制作用、抗アレルギー作用、血液凝固阻止作用、血圧上昇抑制作用、潰瘍治療促進作用、抗ウィルス・抗菌作用、抗酸化作用、肝機能向上作用、ピロリ菌感染阻止作用、育毛作用、保湿作用などといったさまざまな効果が認められているのです。

フコイダンは、がん、高血圧、メタボリックシンドロームに代表される肥満などの生活習慣病やアトピー・喘息、花粉症などのアレルギー疾患の改善にも効果があるといわれています。

保湿作用は美容にも有効で、海草にこんなに健康パワーがあったのですね。

このミラクルなフコイダンの成分を有効に働かせて効果を得るためには、硫酸基結合量が重要です。硫酸基の結合が13%以上、測定方法がロジゾン酸法による測定値であることの二つを満たしているかどうかが大変重要になってきます。




スポンサードリンク

 <  前の記事 銅は美肌と健康に必須な成分  |  トップページ  |  次の記事 メラトニンと睡眠とアンチエイジング効果  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://masami.80code.com/mt/mt-tb.cgi/4599

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「アンチエイジングの知りたいこと…」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。